FC2ブログ

記事一覧

1994 年 モスクワ発ブリュッセル行 第 15 列車の旅

シベリア鉄道でモスクワへ行き、さらにベルギーへ鉄道で向かいました。モスクワ・ベラルーシ駅にて、武骨な電気機関車と青と赤に塗られたドイツ製客車。周囲の緑皮車に比べると資本主義国に向かう客車はあか抜けた印象でした。1994 年 8 月 16 日 Moscow berarusi 駅 чc7-096 15 レブリュッセル行の 15 レはモスクワ 20:15 発、2 泊 3 日の旅です。ホームには旅人たちがいますね。1994 年 8 月 16 日 Moscow berarusi 駅 чc7-096 1...

続きを読む

1988年 JR四国色の111系

長く気動車王国だった四国。1987年、瀬戸大橋開業を前に初めて電車が走るようになりました。静岡地区からやってきた大目玉の111系。JR四国らしい爽やかな塗色をまとっていました。普通電車ですが、サンシャトルのHMを付けていました。1988年8月3日 予讃本線多度津駅 111系JR四国の111系は2001年まで活躍したようです。...

続きを読む

1989年 復活したC62 3に乗車

かつて函館本線の急行ニセコで最後の大活躍を見せたC62 3。1988年にC62ニセコ号として復活しました。復活の翌年にC62ニセコ号に初めて乗りに行きました。小樽駅で発車待ちのC62 3。初めて出会ったC62の巨体に大興奮でした。1989年8月8日 函館本線小樽駅 C62 3C62ニセコ号に乗車して倶知安駅に到着。「SL C62 ニセコ号運転」の横断幕が掲示されていました。1989年8月8日 函館本線倶知安駅倶知安駅構内で機回し中のC62 3。1989年8月8...

続きを読む

1988年 12系客車で山陰本線旧線 保津峡を行く

保津峡沿いに走っていた山陰本線旧線。その末期はまだDD51牽引の客車列車も走っていました。保津峡駅に入線してきたDD51 1189牽引の12系客車列車。1988年8月1日 DD51 1189+12系 保津峡駅夏の最中、窓を開けて保津川の流れを楽しみます。今はトロッコ列車が走っていますが、しょせんは観光列車。こんな日常風景を楽しむ、旅らしい旅はできなくってしましました。1988年8月1日 DD51 1189+12系 保津峡~馬堀右手には新線の保津峡駅...

続きを読む

2020年 呑み鉄 男女川 純米無濾過生貯蔵酒

茨城仕事の昼休みに筑波山に登りました。真夏の暑い盛りに低山とは酔狂ですが、トレーニングということで。それでも山頂は平地より5度ぐらいは低いはず。ヤマユリが咲いていました。仕事帰りは少し時間があったので、下館駅に寄ってみました。ステンドグラスのある駅舎はいい雰囲気です。さて筑波山の裏からの登山口近くに男女川という川があります。百人一首にも出てくる古くから知られた川です。帰り道の呑み鉄はその男女川の純...

続きを読む

2020年 映画「生れてはみたけれど」撮影現場へ行ってみる

コロナで家と職場を行ったり来たりの生活が続いています。そんなある日、小津安二郎の無声映画「生れてはみたけれど」を見ました。1932年と古い映画ですが、往時の目黒蒲田電鉄の電車が登場します。混んでいる場所に行くのはアレだし、映画が撮影現場に行ってみました。90年近く前の話だし、不確実な点はあるけれど、ご容赦を…。まずはこの映画のワンシーン。父と子供たちが通勤、通学の朝、背後を目蒲電鉄の電車が走り抜けます。...

続きを読む

1993年 最終日の新潟交通六分駅

1993年、部分廃止となった新潟交通。六分駅は廃止区間の中では大きな駅で、折り返し列車が設定されていました。終点六分駅に到着するモハ19。倉庫があり、古い車両たちがたむろする駅は楽しいですね。1993年7月31日 新潟交通六分駅 クハ47、モハ19、クハ48同じ電車が東関屋に向けて戻っていきました。モハ19は1924年製造の東武デハ6に1960年日車標準車体を乗せた電車です。新潟交通でおなじみ、日車標準車体のカボチャ電車の第1号...

続きを読む

1994年 境線のキハ40初代鬼太郎列車

水木しげるのふるさと境港に向かう境線。1993年から「鬼太郎列車」が運行を開始しました。その初代の鬼太郎列車です。1994年7月29日 境港線境港駅 キハ40 2115前面には目玉おやじがいますが、今に比べるとさっぱりしたデザインでした。...

続きを読む

2020年 呑み鉄 燦然 純米山田錦

今日は鉄コレ東武7820型初期タイプ・茶色の一般発売日。あまり買うつもりがなかったのに、パッケージを見ていたら欲しくなって…朝の電車の待ち時間の数分間にかけずり回って、散財してしまいました。すぐに売り切れるような限定発売とか、疲れるからやめてほしいです…。さて今日の呑み鉄は岡山、玉島の酒、燦然。先月岡山に行った時、帰りのサンライズで呑もうと買ったのですが、サンライズ運休で呑み損なって家まで持ち帰ったお酒...

続きを読む

1992年 大井川第3橋梁を俯瞰

文字通り何カ所か大井川を渡る大井川鐵道。今回は崎平~千頭間にある大井川第3橋梁の俯瞰写真です。まずは湘南顔の普通電車。もとは1956年製造の元西武351系です。2002年まで活躍しました。1992年7月31日 大井川鐵道崎平~千頭 クハ512+モハ312?続いてお目当てのC11が来ました。1992年7月31日 大井川鐵道崎平~千頭 C11 312スカなのが残念…1992年7月31日 大井川鐵道崎平~千頭 C11 312この場所からの俯瞰写真、最近は見たこ...

続きを読む

2020年 呑み鉄 来福純米吟醸 山田錦

コロナが落ち着いたわけではないけれど、茨城での仕事を再開しました。感染リスクを少しでも下げるため、もったいないけどグリーン車で通勤。予定通り、2階席に乗客は3人だけでした。昼ご飯は桜川市のべんべら庵へ。今回のオーダーは味噌とまとラーメンです。とまとラーメンの時点で勇気がいるけれど、さらに味噌とまと…でもこれがまた美味しいんです。そして帰りはガラガラの電車で呑み鉄。筑西の来福純米吟醸です。来福はいろい...

続きを読む

1993年 太平洋を望みながら走る銚子電鉄吊り掛け電車

吊り掛け電車ばかりが走っていた頃の銚子電鉄。この時は残念塗色に変更された後でしたが、太平洋をバックに走る姿を。まずは勾配を下ってくる小型車の2両編成。1993年7月4日 銚子電鉄海鹿島~君ヶ浜 デハ101+デハ501犬吠埼灯台を背景に小型車2連が走る姿はかわいかったです。左デハ501は1947年製造、上田丸子電鉄から譲渡。右デハ101は1939年製造で銚子電鉄が導入。どちらも1999年に廃車になりました。1993年7月4日 銚子電鉄君ヶ...

続きを読む

2020年 桜木町に移設保存された110号機関車

横浜で用事があったついでで、少し横浜散歩をしました。横浜駅から歩いて桜木町を目指します。横浜駅を出た京急はすぐに帷子川を渡ります。ふだん電車に乗っているときは橋があることに気づいてませんでした。横浜駅周辺は高島屋ぐらいしかシンボル的なものがなく印象が薄いです。2020年7月4日 京急本線横浜~戸部 1541F新高島を歩いていると今年オープンした京急ミュージアムがありました。ただし一般入場はできず、外からデハ236...

続きを読む

2011年 弘南鉄道弘前駅でキ104とED333

岩木山に登りに弘前へ行った時のこと。偶然弘南鉄道の弘前駅で車両の展示がされていました。除雪車に電機に電車…なかなか面白い編成です。2011年6月12日 弘南鉄道弘南線弘前駅 キ104+ED333+デハ7151+7101柵の間から頑張って撮影したキ104。1929年製造の除雪車です。2011年6月12日 弘南鉄道弘南線弘前駅 キ104除雪車の車内なんて初めて入りました。ダルマストーブがありました。2011年6月12日 弘南鉄道弘南線弘前駅 キ104続いて...

続きを読む

1994年 釧路湿原を見ながら走る釧網本線のキハ40

梅雨の季節に出かけるならば、梅雨のない北海道が1番。釧路湿原沿いを走る釧網本線のキハ40の写真です。まずは逆光の見苦しい写真ですが…1994年6月11日 釧網本線釧路湿原~細岡 キハ40釧路川の向こうに広々とした釧路湿原を見ながらキハ40が走ります。1994年6月11日 釧網本線釧路湿原~細岡 キハ40細岡駅に向けて走り去っていきました。1994年6月11日 釧網本線釧路湿原~細岡 キハ40しばらくこんな風景に出会えていないです。落ち...

続きを読む

2020年 岡山市下石井公園のD51 917

いつでも行けると思うと、逆になかなか行かない…D51 917がいる下石井公園はそんな場所でした。今回岡山に法事で行ったついでで、初めて下石井公園に寄ってみました。1943年製造で、最期の数か月を新見で過ごして1972年に廃車になったカマです。有名な伯備線の三重連に加わっていたのかは知りません。ただこの保存車両に後藤式集煙装置はついていませんね。2020年6月19日 下石井公園 D51 917砂ボコリをかぶって少し塗装も剥げていま...

続きを読む

2020年 呑み鉄 獺祭純米大吟醸磨き二割三分〜サンライズ瀬戸で岡山へ

法事で岡山に行ってきました。こんな時期で感染が怖いので、サンライズ個室ソロにしました。新幹線よりは安全度が高いかな…と言いつつ寝台列車に乗るのが楽しみだったりして。通勤以外で電車に乗るのは久しぶりでした。東京駅に停車中のサンライズ瀬戸。今回は内田百閒の第一阿房列車を読みながらの旅です。百閒先生の鹿児島阿房列車的に言えば、「六月某日、宵の十時、電気機関車が一声嘶いて、汽車が動き出した」…ですが、実際の...

続きを読む

1994年 首都圏色キハ22で函館本線の旅

梅雨を避けて、6月の北海道への旅。落部駅で駅寝後、早朝の列車撮影を目論んだのですが、雨だったので撮影に行かず、駅でボーッと過ごしたようです。仕方なく朝イチの普通列車2840Dで函館駅に向かいました。2840Dは首都圏色キハ22の単行でした。森駅に停車中の2840D。1994年6月18日 函館本線森駅 キハ22 327 2840D森駅で増結して、キハ22の3両編成となりました。函館駅に到着した2840D。1994年6月18日 函館本線函館駅 キハ22 ...

続きを読む

2013年 上野駅に停車中の189系OM101編成

なんの団臨だったかは忘れましたが、上野駅に189系団臨が来るので撮影に行きました。上野駅に到着したのは国鉄色のOM101編成でした!上野駅到着時には「回送」HMになっていたのが残念でしたが。2013年6月14日 東北本線上野駅 189系 OM101尾久側も撮影します。こっちは特急シンボルマークがなくて、マヌケな顔でした。2013年6月14日 東北本線上野駅 189系 OM101「うえの」の駅名表示と189系。ふた昔ぐらい前、あさまが上野駅を発着...

続きを読む

1991 年 初夏の黒部峡谷鉄道

観光鉄道ではありますが、貴重なナローの黒部峡谷鉄道。ずいぶん昔の GW に欅平まで往復したことがありました。まずは宇奈月駅でこれから乗る列車の機関車をチェック。ナローの観光鉄道とは言え、機関車は本格的です。1991 年 5 月 5 日 黒部峡谷鉄道 ED24+23欅平までは満員でナローの車内はずいぶん狭かったです。欅平駅に着くころにはずいぶん涼しくなり、山の中腹には残雪がありました。1991 年 5 月 5 日 黒部峡谷鉄道欅平駅...

続きを読む

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター