fc2ブログ

記事一覧

2018年 飲み鉄 千曲錦純米原酒と千葉公園の川崎製鉄蒸機

千葉で時間があったので、千葉公園に花見がてら川鉄蒸機を見に行きました。せっかくの花見ですから酒とツマミを用意して…酒は千曲錦純米原酒一回火入れ。原酒らしいどっしりとした味を楽しめました。アテは本まぐろのうま煮弁当。そして背後には川崎製鉄NUS5がいます。酒を楽しんでから、蒸機の撮影に行こうとしたのですが…ずっとガキ、じゃなかったお子様達が蒸機の上に乗って遊ぶので、いつまでたっても蒸機の写真を撮れません…1...

続きを読む

1988年 さようなら宇高連絡船~伊予丸の旅

1988年4月、瀬戸大橋開業とともに廃止となった宇高連絡船。それからもう30年がたち、連絡船という言葉も死語となりました。 その廃止直前、宇野から伊予丸に乗って高松を目指しました。晴れた日の甲板で海風を浴びながら過ごすのは気持ちよかったです。甲板で瀬戸内海の風景を楽しんでいると、阿波丸とすれ違いました。1988年3月28日 宇高連絡船高松~宇野 阿波丸 甲板にはさようなら宇高連絡船の乗船記念板がありまし...

続きを読む

1994年 志度湾沿いを走る琴電旧型車両

琴電の海沿いの撮影地といえば房前の鼻が有名です。まだ旧型車両が日常的に走っていた頃、撮影に行ったことがありました。 こんな感じで志度湾に沿って急カーブを描きながら線路が走っています。車両は335、1926年琴電が開業時に導入した車両です。1994年3月4日 琴電志度線房前~塩屋 335 今度は順光側で撮影。20形は1925年製造の元近鉄車。1961年に琴電に入線し、卵形5枚窓から平妻に改造されました。1994年3月4日 ...

続きを読む

2018年 大阪城から環状線オレンジバーミリオンを眺めてみた

家族サービスで関西旅行に行ってました。あくまで家族サービスなので今回は鉄分は0でした。 ただ大阪城から下を眺めていると環状線が見えたので上げてみます。夕日を浴びた生駒山を背景にオレンジバーミリオンが走ります。2018年3月26日 大阪環状線大阪城公園~京橋 201系 アップでも撮影。邪魔な障害物だらけで、俯瞰撮影地としてはサッパリですね。ただオレンジバーミリオンは遠くからでも目立つのが俯瞰にはいいで...

続きを読む

2018年 まだまだの横浜の桜×京急と野毛山の横浜市電

横浜で用事があったついでで、咲き初めの桜と京急を撮影してみました。 まずは戸部駅近くの石崎川の桜。五分咲きぐらいでしょうか。2018年3月23日 京急本線戸部~横浜 2132  歩いて野毛山に向かいます。野毛山動物園には横浜市電が休憩所として保存されています。この1518号は1972年の市電廃止まで活躍した車両。現在でも家族連れに愛されながら、保存されていました。2018年3月23日 野毛山動物園 横浜市電 15...

続きを読む

1988年 ありがとう木原線のHMをつけて走るキハ30

木原線の廃線→いすみ鉄道への移行から今日で30年になります。廃線当日、木原線を初訪問しました。廃線にあたり、キハ30にも大きなHMがつけられていました。 「ありがとう木原線」の文字と動輪を描いたHM。日付は「63.3.23」…まだこの時は昭和だったんですね。1988年3月23日 木原線大多喜 キハ30 502 この日は木原線最終日なので3両編成で運転されていました。1988年3月23日 木原線大多喜 キハ30 502 木原線はい...

続きを読む

1989年 樽見鉄道新線開業の日 旧客臨時列車に乗車

樽見鉄道新線開業の日、樽見から旧型客車で大垣に戻りました。当時の樽見鉄道では赤帯を締めた旧客が現役でした。この写真では分かりませんが、TDE10によるプッシュプルでした。1989年3月25日 樽見鉄道樽見駅 TDE10 5 大垣~樽見のサボ。オハフ504は元国鉄オハフ33 112です。新鮮開業日なので車内ではテツが写真撮っています。1989年3月25日 樽見鉄道樽見駅 オハフ504 樽見鉄道は根尾川沿いを走る、風景のいい路線でし...

続きを読む

2004年 New Orleans 欲望という名の路面電車

こんな鉄な人間ですが、一応新婚旅行にも行ったことはあるのです。行先は嫁の希望でアメリカ、ニューオーリンズでした。ニューオーリンズはジャズの町として知られていますが、鉄としては現在でも1920年代の路面電車が走る町として有名です。観光中心だったのでマトモな写真が少ないですが… まずは街の中心部を走る953。1924年に製造されたオールドタイマー。渋い緑の塗色が似合います。「欲望という名の電車」という古いアメ...

続きを読む

1996年 ダージリンヒマラヤ鉄道のトイトレイン

今でも蒸機が現役で活躍していることで知られるダージリンヒマラヤ鉄道。もちろんその主役はトイトレインと呼ばれる610mmゲージの蒸機です。ダージリンからNew Jalpaiguriまで、山を下っていく列車に乗車しました。 ダージリン駅にて世界3位の高峰カンチェンジュンガを背景に、発車準備中のトイトレイン。この805号機は1925年製造です。1996年3月27日 Darjeeling Himalayan Railway Darjeeling駅 805 残念ながらここでフ...

続きを読む

1990年 片上鉄道の三角屋根の洋風駅舎

片上鉄道の駅舎といえば、三角屋根の洋風駅舎のイメージです。実際、備前塩田より北の6駅はすべて三角屋根の駅舎でした。 まずは以前にも取り上げましたが、終点柵原駅。この角度だとのどかな終着駅に見えますが、実際はすぐ裏に柵原鉱山があり、荒涼とした雰囲気の駅でした。1990年3月13日 片上鉄道柵原駅 柵原駅から隣の吉ヶ原駅へは歩いてみました。途中、築堤上を走るキハ801を撮影。1990年3月13日 片上鉄道柵原~...

続きを読む

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

訪問者カウンター