fc2ブログ

記事一覧

1988年 ありがとう木原線のHMをつけて走るキハ30

木原線の廃線→いすみ鉄道への移行から今日で30年になります。
廃線当日、木原線を初訪問しました。
廃線にあたり、キハ30にも大きなHMがつけられていました。
 
「ありがとう木原線」の文字と動輪を描いたHM。
日付は「63.3.23」…まだこの時は昭和だったんですね。

1988年3月23日 木原線大多喜 キハ30 502
 
この日は木原線最終日なので3両編成で運転されていました。

1988年3月23日 木原線大多喜 キハ30 502
 
木原線はいすみ鉄道に移管してまずまず成功しているのではないでしょうか。

これからもいつまでもいすみ鉄道が走り続けてほしいです。

スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。

この頃は国鉄改革でローカル線が次々と廃止されましたね。
今思えばJR東日本は優遇され過ぎの感があるので
木原線を三セク化する必要があったのかと思われます。

No title

SL-10様
乗客が減る→本数が減るの悪循環で廃線になった所は意外と多かったのではないでしょうか?
3セクで意外と健闘しているところがあるのをみると、やり方次第の路線もあったと思います。

そして現在、JR北海道や九州はその後を追っているように見えてなりません。

No title

こんばんは。
以前に昭和44年当時の木原線の写真を掲載した際にコメントをいただきましたが、その当時から木原線の廃止の運動があり約20年を経て3セク化されたのですね。この写真を見る限りは、キハ30の塗色が国鉄色2色からタラコに変わったことと腕木式から自動信号機に変わったことでしょうか。
https://blogs.yahoo.co.jp/glock1320031/65105389.html

No title

glock様
木原線の最終日には大多喜駅構内では腕木式信号機が現役でした。
3セクに移行後自動信号機になったのですかね?

いずれにしてもその移行期に出会えたのはラッキーでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

訪問者カウンター