fc2ブログ

記事一覧

2018年 29年ぶりに樽見鉄道に乗ってみる

名鉄谷汲駅跡を訪問した後、バスで樽見鉄道の谷汲口駅に行きました。
樽見鉄道延伸開業の時以来、29年ぶりに樽見鉄道に乗ります。

まずは谷汲口駅の、自然に帰りつつある旧型客車…
開業当初は通学輸送に活躍したオハフ50 2です。
このままだと、そのうち解体されてしまいそうな予感…

2018年6月2日 樽見鉄道谷汲口駅 オハフ50 2
 
谷汲口駅はこんな簡素な駅舎です。
谷汲山からのバスは1日たった5往復でした。

2018年6月2日 樽見鉄道谷汲口駅
 
谷汲口駅に近づく単行気動車。
樽見鉄道はこの付近ではかなりローカルな味が出ています。

2018年6月2日 樽見鉄道谷汲口駅 ハイモ295-617
 
谷汲口駅の駅名標と気動車。
この色合い…さっきまで見ていた名鉄モ510形のように見えてきます。
特に側面の雰囲気がそっくりなのです。

2018年6月2日 樽見鉄道谷汲口駅 ハイモ295-617
 
谷汲口を出て、列車は根尾川沿いの美しい風景を見ながら走ります。


 
本巣駅で対向列車との交換待ちでしばらく停車。
本巣駅には車両基地があります。
樽見鉄道開業時の塗色をまとった気動車。
奥の方には給水台も見えます。

2018年6月2日 樽見鉄道本巣駅 ハイモ330-701
 
構内では何かイベントをやっているようで、
乗客を乗せたハイモ230-313が走り回っていました。
ハイモ230-313は樽見鉄道開業時のハイモ230-300形の増備車。
樽見鉄道初期の形態を残していますが、今年いっぱいで廃車だそうで…
スノープラウ付きなのが格好いいです。

2018年6月2日 樽見鉄道本巣駅 ハイモ230-313
 
対抗列車と交換して、大垣に向かいます。

2018年6月2日 樽見鉄道本巣駅 ハイモ295-617、315
 
揖斐川の立派な橋梁を渡るともうすぐ大垣です。


 
大垣駅に到着しました。
今回乗った区間は濃尾平野の平坦で平凡な土地が多かったです。
またいつか風光明媚な新線区間にも乗り直しに行きたいなぁ。

2018年6月2日 樽見鉄道大垣駅 ハイモ330-701
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

訪問者カウンター