fc2ブログ

記事一覧

2018年 荒廃しつつある山形交通の木造電車モハ103

月山に登ったついでで、西川町の月山酒造資料館に寄りました。
ここには山形交通三山線の木造単車が保存されています。
三山線と言っても馴染みがありませんが、
左沢線羽前高松から間沢の11.4kmを結んでいた路線です。
 
よい状態で保存されているとの情報で楽しみにしていましたが…
荒れていました…

2018年8月22日 月酒造資料館 山形交通モハ103
 
1926年大正生まれの貴重な木造電車です。
最後は事業用としてでしたが、1974年の三山線廃線まで残りました。

2018年8月22日 月酒造資料館 山形交通モハ103
 
しかし現状は屋根は落ち、オヘソのライトも外れ…
山形の厳しい冬を屋根なしで保存するのは厳しいのでしょう。

2018年8月22日 月山酒造資料館 山形交通モハ103
 
クモの巣を払いのけて、車内の様子ものぞいて見ました。
椅子には大正ロマンを感じさせる優雅な装飾がされていました。

2018年8月22日 月山酒造資料館 山形交通モハ103
 
90歳を超える貴重な木造電車ですが、このままではいずれ解体されてしまいそうです…
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。
わたしも一度訪ねてみたいと思っておりましたが、なかなか厳しい状態ですね。

高校生のころ、羽前高松の駅員さんから、三山線のお話をお聞きしました。その頃は、まったく興味がなく、右から左と受け流してしまいましたが、ホームの痕跡や何やらが残っていたかもと思えば、残念。

No title

こまころ様
三山線はまったく知識のない路線でしたが、この車両が残っているおかげで興味を持つことができました。
ただ今は廃線跡にあまりめぼしいものは残っていないようです。

車両の状態はご覧の通りなので訪問するならばお早めにどうぞ…

No title

1年前尋ねたときより、だいぶ退化しましたね。
まだ、ライトは外れていませんでした。
脇のお店の奥、見学しましたか?
資料が沢山展示されていました。

No title

鳥鉄親父様
1年前より状態が悪くなっていましたか…
やはり冬を越すのが大変なのでしょうね。

資料館は16:30までで、今回行ったのが16:45頃…
残念ながら資料館は閉まっていました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

訪問者カウンター