fc2ブログ

記事一覧

1998年、2014年、2018年 日米野球今昔

先日は東京ドームに日米野球第1戦を見に行ってきました。
結果は柳田の逆転サヨナラ本塁打で勝利!
球場の盛り上がりは最高でした。
ただMLBの来日メンバーについては…ちょっとさみしい顔ぶれでした。

 
 
今回は超大物が来日していた頃の日米野球を振り返ってみます。
日米野球は毎回観戦しましたが、写真を撮ったのは1998年だけでした。
1998年の試合前の練習シーンから、まずは豪華先発陣です。
この年の先発最大のビッグネームは中央カート・シリング(通算216勝)。
右リック・ヘリング(最多勝)、左ブレット・トムコ(通算100勝)。
この辺りも2018年であればビッグネームと言えます。

 
1998年、先発陣以上に豪華だったのは救援陣でした。
左はトレバー・ホフマン、通算601S!
AC/DCのHells Bellsの入場曲が大好きでした。

 
左ビリー・ワグナー(通算422S)、右ケビン・ミルウッド(通算169勝)。

 
左トム・ゴードン(この年46Sでセーブ王)。

 
バッターは何と言ってもこの人!サミー・ソーサ!
1998年は66本塁打でマグワイアとの最多本塁打記録争いは盛り上がりました。

 
左ソーサと右ノマー・ガルシアパーラ(新人王、首位打者2回)。
本当にこの頃はMLBオールスターと言えるほどの豪華メンバーでした。


 
 
そして次に写真を撮ったのは2014年。
この年は2006年以来、8年ぶりの日米野球でした。
しかしそれまでに比べるとメンバーはだいぶ小粒になっていました。
先発はクリス・カプアーノ。
過去に18勝した年はあるものの、この年はわずか3勝…

 
この年の目玉はアルトゥーベ!
168cmの小兵ながら、首位打者に盗塁王、2017年にはMVPも取りました。

 
この年首位打者のジャスティン・モルノー。

 
その後伸び悩んでいますが、強肩の若手外野手ヤシエル・プイグ。

 
 
そして2018年。
先発には今年2桁勝った投手はいなく、目立ったクローザーもいない…
捕手のヤディエル・モリーナがビッグネームですが、
日本中誰もが知っている大物…とはいきませんね。

 
若手野手は新人王候補の中央ソトや右アクーニャJr.がいますが…
現時点では大物とまでは言えませんね。

 
MLBの年俸が上がりすぎて、日米野球で大物がケガしては…
というのは分からないでもないですが、それにしてもさみしい。
 
2018年のMLBメンバーであれば、
日本側は全勝するぐらいのつもりでいってほしいです。
と言っても日本側も超大物が勢ぞろいではありませんがね。
スポンサーサイト



コメント

No title

子供の頃はオフの日米野球を楽しんでみてましたが、今はオフなのに大変だなぁ的な目で見ていますよ。
日本シリーズのような緊迫感はないですが、イベント的な目で見れば悪く無いですね。昨日の試合は酷かったですけど…。

No title

butoboso様
メジャーの選手にとっては、遊びと仕事を兼ねて、金のもらえる旅行という面もあるのでしょうが…
緊迫感はなくとも随所に見られるメジャーの身体能力の高さを見るのは楽しいですね。
勝ち負けは度外視して、打球の鋭さや肩の強さなど、一つ一つのプレーに盛り上がる気がします。

No title

確かに、今回小粒なMLBメンバーですが、ソトとかいう選手は凄いですね。なにせ、あの東京ドームの天井にボールが当たるくらいのパワーが・・・。それにしても、1998年のカート・シリング(通算216勝)。リック・ヘリング(最多勝)、左ブレット・トムコ(通算100勝)は凄いですね。又、イチローとタイトルを争ったアルトゥーベクラスが来日したら日米野球見にいきたいと思います。2018年は、名古屋ドームはパスします。(中々、名古屋ドームでは開催されないけど・・・。)

No title

旅の途中様
ソトをはじめ、MLBのバッターは超大物でなくてもパワーはすごいですね。
ただとにかく今回のメンバーでピッチャーは…
マエケンが目玉になってしまうのはさみしい気がしました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

訪問者カウンター