fc2ブログ

記事一覧

1994年 深名線 夕暮れ時の幌加内駅の風景

名寄から乗ってきた5734Dを深名線の中心、幌加内駅で下車しました。
 
左は深川から来た列車。数人の客が下車します。

1994年6月14日 深名線幌加内駅 キハ53 502、505
 
幌加内駅舎。

1994年6月14日 深名線幌加内駅
 
深名線の中心だけあって、有人駅で立派(?)な駅舎があります。
このあたりではこの程度の駅舎でも立派に見えます。
ただ町はゴーストタウン風でした。
 
幌加内駅改札口の風景。

1994年6月14日 深名線幌加内駅
 
黒板の時刻表を見ると深川行が1日5本、朱鞠内行が1日4本。
こんなローカル線、今の時代にはなくなってしまいました。
スポンサーサイト



コメント

No title

SL撮影で北海道は沢山行きましたが残念乍深名線は

1度も訪れることが出来ませんでした

大変貴重な写真をお撮りした●さんにナイスです!!

No title

こんばんは
深名線は2回訪れていますが、幌加内には降りていません。幌加内でもゴーストタウン風だったんですね。

何本か”走り”を撮っていますが、この本数なので一日がかりでしたね。レンタカーも使っていないですし・・。

No title

pajero4900様

深名線は蒸機時代は9600しか走っていなかったし、本数も少なくて効率も悪いしで、あまり魅力がなかったのかもしれないですね。

ただ自分が北海道で鉄活動をしていた1990年代になると、多くの北海道のローカル線は廃止になっていて、深名線は長距離で景色もよく非常に魅力的な存在に見えました。

No title

tom様

深名線は本当に本数が少なかったですね。
自分も当時の移動手段は鉄道だったので、数少ない列車を時間をかけて撮影していました。
走りの写真も少しずつアップしていこうと思います。

No title

深名線、行かれましたか。素晴らしい思い出となったのではないでしょうか。いい御写真ですね。

私は当時、キハ53はキハ56の異端のような気がして、余り盛り上がりませんでした。その後、苗穂に回送されて、6両位がつながれて留置してあったのを、撮りました。その後、関心が増しましたが、時すでに遅く。仕方なく、エンドウの模型を買いました。

No title

101D様
ありがとうございます。
自分が北海道に行ける年齢になった頃、唯一残っていた長大ローカル線が深名線でした。
深名線は何回か訪問しましたし、駅寝してゆっくり撮影もしたので、愛着もありました。
廃線後は1度も訪れていませんが、人も少ない地域ですし、もう自然に帰っていっているのでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

訪問者カウンター