fc2ブログ

記事一覧

1996年 インド DarbhangaでYG型蒸機

インド北東部のBihar州には1990年代後半まで、
メーターゲージの蒸機が残っていました。
昨年取り上げたDahbanghaの撮影記の続きです。
 
Darbhanga駅から歩いて撮影地を探しに行く途中、入換中のYG。

1996年2月23日 Darbhanga~Kakarghati YG3543
 
姉妹と一緒に写真をと思ったら、お姉ちゃんは顔を隠してしまいました。
YGは1949年から1972年に製造された貨物用蒸機です。
残念ながら銘版を記録する習慣がまったくなかったので、
これらの蒸機が正確にいつ製造なのかはわかりません。
 
町の北のはずれの原っぱに出ました。
YG牽引の客車列車がヤギがいっぱいいる原っぱを通過します。

1996年2月23日 Darbhanga~Kakarghati YG3056
 

インド人は物見高いので、こんな田舎に外人がいたらどんどん寄って来ます。


いやぁ、みんなヒマそうで、見るからにむさくるしいですね。
写真を撮ってくれとヒンズー語でまくしたててきて、とにかくうるさい…。
 
この当時は蒸機からDLへの移行期で、DL牽引の客車列車も来ました。

1996年2月23日 Kakarghati~Darbhanga YDM-4 6599
 
DLが来るとガッカリです。
YDM-4は1960年代から90年代まで製造された、
インドで最も広く使用されているメーターゲージのDLのようです。
 
ヒンズー語で一方的にしゃべってくるインド人たちが多い中で、
この少年たちは英語も話せたので、仲良くなれました。


帰国後には手紙で写真を送ってあげました。
彼らも今頃30代、何をしているんでしょうか。
 

午後の光を浴びてYG牽引の客車列車が来ました。

1996年2月23日 Darbhanga~Kakarghati YG3432
 
煙室扉の星形のマークが格好いいです。
爆煙とはいきませんが、暑い土地なので煙を上げているだけでも満足です。
 
同じ列車の後追いも。

1996年2月23日 Darbhanga~Kakarghati YG3432
 
乗客は多いですが、屋根の上にまであふれているわけではないし、
インド的には空いている列車ということになるんでしょうか。
スポンサーサイト



コメント

No title

●様…流石…ややこしい所へ行ってますねぇ。
海外鉄の憧れもありますが…まぁ…赤痢の病気や
パクリに気をつけないと…良い蒸気の写真を
見せて頂きました・・・ナイスです。

No title

河内の鉄チャン様
ありがとうございます。
インドでは多少体調を崩すことはあっても、
幸い本物の病気になることはありませんでした。
でもコレラにかかった友人もいましたね。
病気になるかならないかは、運次第だった気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

訪問者カウンター