fc2ブログ

記事一覧

2001年 ミャンマーのYB型蒸気機関車 Bago駅にて

2001年の1月はミャンマーに行きました。
当時は「ミャンマー」という軍政が決めた国名はどうなんだ、
「ビルマ」が適当だろうとかいろいろありましたが、
今となっては面倒なのでブログ内ではミャンマーで統一しておきます。
 
ミャンマーのお目当ての1つは当時まだ現役だった蒸機。
BagoからMottamaへ南に延びる線で走っていました。
2001年、この年に定期運行からは引退したようです。
 
Bagan、Mandalayなどを観光して、夜行バスでBagoにやってきました。
宿で兄ちゃんと話をしていると、タクシーで蒸機の追っかけができると。
翌日はタクシー貸切で追っかけすることにしました。
 
日中はこの地で有名なシュエターリャウンの寝釈迦を見物へ。
夕方になり駅近くの宿に戻ると、蒸機の汽笛が聞こえたので、
あわててBago駅へ。
 
まずはBago駅近くの線路をオーバークロスする車道から。

2001年1月18日 Bago駅 YB533
 
なんとものどかな南国の夕方の駅風景です。
蒸機は貨車の入換をしているんでしょうか。
 
蒸機に近づいてみました。

2001年1月18日 Bago駅 YB533

YB型は1947-8年ごろにイギリスが植民地向けに製造した2-C-1の蒸機です。
ミャンマーはメーターゲージ。
駅に用がありそうな人、なさそうな人、いろんな人が構内をうろうろしています。
 
今度は駅の跨線橋からBago駅構内を見てみます。

2001年1月18日 Bago駅 YB533
 
よく見ると蒸機の横、線路の間にタオルだかミャンマーのスカート、ロンジーだか干してます。
本当にのんびりしすぎ。
 
貨車をはずしたので、もう1度蒸機に近づいて撮影。

2001年1月18日 Bago駅 YB533
 
なんとも豪快なカウキャッチャーがついています。
線路に立ち入る動物や人(?)が多いからでしょうか?
 
これで駅での撮影は終えてこの日は宿に帰りました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

訪問者カウンター