fc2ブログ

記事一覧

2022年 近鉄吉野線 吉野川橋梁

大台ヶ原登山の帰り道、近鉄吉野線の吉野川橋梁に寄り道しました。車でその下をくぐってその立派な姿に圧倒されたのです。午後順光の吉野神宮駅側で撮影とします。1928年吉野鉄道が完成させた、全長242.4mの鉄橋です。2022年10月14日 近鉄吉野線大和上市〜吉野神宮 6432系6429F吉野川を入れても撮影。2022年10月14日 近鉄吉野線大和上市〜吉野神宮 6432系6423F最後は特急列車。望遠で撮ると山奥の鉄橋のようです。2022年10月14日 ...

続きを読む

2022年 山×鉄×酒 大台ヶ原×王寺のD51×叶結

平日休みを取って山に行ってきました。今回は肉離れ後で山的にはゆるいところ…紀伊半島の大台ヶ原です。まずは夕方の行きの新幹線でフライングで奈良のお酒を頂きます。桜井市の今西酒造の叶結純米吟醸、ウサギのラベルです。ツマミはお約束の崎陽軒。新大阪からは2019年に開通したおおさか東線に初乗車。夜で景色は全く見えませんでしたが…確かに奈良に行くには便利です。2022年10月13日 おおさか東線新大阪駅 221系NC606この日は...

続きを読む

2022年 蒲原鉄道モハ11再生プロジェクトにふるさと納税

今年もふるさと納税をしているのですが、目についたのがこれ!蒲原鉄道モハ11再生プロジェクトのクラウドファンディングです。モハ11は村松城址公園に保存されていますが、老朽化が進んでいます。集まった寄付金はそんなモハ11の修復のために使われるそうです。さて、ふるさと納税のお楽しみのお礼の品その1。蒲原鉄道の未使用乗車券。ワンマン化以前に使われていたとすると、1970年代の切符でしょうか?そしてお礼の品その2は金鵄...

続きを読む

2022年 西東京の保存車めぐり〜新旧電機に蒸機にパリメトロ

子供の野球をあきる野まで見に行ったついでで、周辺の保存車両をいくつか見て回りました。まずは武蔵野線の車窓から東芝府中事業所の保存車両。東芝府中工場で1967年製造のEF65 535。2022年10月2日 東芝府中事業所 EF65 535近江鉄道ミュージアムから解体を免れて里帰りしたED31 3。もとは1923年に東芝の前身、芝浦製作所で製造の伊那電鉄3号機。2022年10月2日 東芝府中事業所 近江鉄道 ED31 3最後尾に乗っていたので、あっという間...

続きを読む

2022年 三浦半島で三浦氏の城跡巡り

最近週末は台風か仕事かでひきこもり生活です。先日、平日にヒマがあったので、ひさしぶりに三浦半島に出かけました。でも夕方から仕事に直行する関係で京急ではなく車。鉄分0です…。まずは油壺にある新井城跡へ。新井城は三浦一族が北条早雲に滅ぼされた城跡。ここで切腹して果てた三浦氏の事実上最後の当主、三浦道寸の墓。新井城跡を海沿いに1周しました。新井城は岬にあって三方を海で囲まれた難攻不落の城でした。三浦一族は...

続きを読む

トーマモデルワークス 南薩鉄道ボールドウィン6号

以前のように休みだから出かけるということが減り、家でグダグダと模型をいじって過ごすことが増えました。今回は先日作ったトーマモデルワークスの南薩鉄道6号機です。3Dプリンタの車体に組み立て済みの下回り。素人に優しい製品で、これならば形にできて走らせられます。もともとは1898年ボールドウィン製造の北海道炭礦16号機。国有化で6号に改番され、南薩でもそのまま6号機として走りました。バランスの悪いBタンクだったので...

続きを読む

2022年 「わかしお」「さざなみ」運行開始50周年

房総特急の「わかしお」「さざなみ」のデビューは1972年。今年で運行開始50周年ということですが、地味過ぎて忘れてました。今回50周年に気がついたのは、マリンスタジアムの帰り道。海浜幕張から乗った列車が50周年記念のラッピング車両だったからです。2022年8月28日 京葉線東京駅 E257系NB-01 わかしお22号そう言えば以前は房総特急と言えば東京駅の総武線地下ホーム発着でした。いつの間にか京葉線地下ホーム発着になりました...

続きを読む

2022年 呑み鉄 筑西のそばと小山の餃子

茨城仕事の1日、あれこれ食べたり見たりしたので日記的に。昼ご飯前に関東鉄道鬼怒川線跡の4 1/2キロポストを見に行きました。60年前に廃線となった路線の希少な遺物です。脇を走る道路がかつての鬼怒川線でした。で、昼ご飯はそばの館、えんのの大盛そばとかき揚げ。そばの味がガツンと強い太いそば。ここを知ってから、東京のなよなよしたそばを食べる気がなくなりました。午後の仕事が終わりました。帰りは水戸線で小山駅に向か...

続きを読む

2022年 伯備線で国鉄色381系やくも

岡山里帰り中、午前中だけ自由時間の許可が出たので、車で381系やくもの撮影に出かけました。まずは豪渓駅近くでやくも色の381系。この残念なやくも色の381系が見られるのも、そう長くはなさそうです。2022年8月15日 伯備線日羽〜豪渓 381系 やくも6真っ黄色の115系。この色も文句を言ってきましたが、115系もいつまで見られるのか?2022年8月15日 伯備線日羽〜豪渓 115系 G04+02 848Mどうもこの場所はタイガーロープが気になるの...

続きを読む

2022年 岡山駅で国鉄色381系やくも

里帰りの家族旅行で岡山に来ました。と言ってもコロナ流行下だし、親戚にも友人にも会いませんが。新幹線でパッと岡山に移動して、車で出かけるだけです。家族がイオンモールにいる間、やくもを見に岡山駅に戻りました。入線待ちの国鉄色381系。実はこの直前にカメラのレンズを割ってしまいショックだったのですが、何とか写真を撮ることができました。2022年8月12日 山陽本線岡山駅 クロ381 141 やくも9号岡山駅に入線する115系と...

続きを読む

2022年 米坂線の旅〜小国から米沢へ

飯豊山を下山後、小国駅から米沢駅まで米坂線に乗りました。米坂線に乗るのは約30年ぶりでしたが、前回は夜行明けでまったく記憶がなく、実質初乗り気分でした。米坂線沿線が豪雨で被災したタイミングですが、先週末の旅の記録を…。まずはドッシリと立派な小国駅の駅舎。1935年開業時からのものです。2022年7月31日 米坂線小国駅待合室にはクマがいます!飯豊山周辺はクマが多いのですが、幸い駅でしか会いませんでした。2022年7月...

続きを読む

2022年 磐越西線の旅〜郡山から野沢へ

飯豊山に登るために磐越西線で郡山から野沢に向かいました。まずは郡山駅で発車待ちの会津若松行快速列車。2022年7月30日 磐越西線郡山駅 E721系P-17+13 3231M磐越西線の電化区間のシンボルは磐梯山。でも青々とした田んぼの向こうの磐梯山は雲の中でした。2022年7月30日 磐越西線川桁〜猪苗代会津若松で快速電車から気動車に乗り換え。会津鉄道の気動車と磐越西線の気動車が並んでいました。知らない間に磐越西線の気動車もつまら...

続きを読む

2022年 山×鉄×酒 飯豊山×磐越西線&米坂線×末廣

新潟・山形・福島県境の飯豊山に登ってきました。鉄道的に言えば磐越西線と米坂線の間。せっかくですから両線に乗り鉄しつつ登ることにしました。まずは磐越西線野沢駅からタクシーで弥平四郎登山口に向かいました。バスもありますが、それでは今日中にテン場に着けないので、タクシー代1万円強を奮発することにしました。2022年7月30日 磐越西線野沢駅登り始めてすぐに熱中症になりました。登山口の標高が695m、湿度は90%だったと...

続きを読む

1992年 30年前の大井川鉄道のSLたち

大井川鉄道と言えば保存SL天国。今回は今から30年前の姿です。まずはこの当時は美しい姿だったC56 44。その後真っ赤なジェームスにされた挙句、今では休車だそうで…。1992年7月31日 大井川鉄道崎平~千頭 C56 44千頭駅構内に保存(放置?)されていたコッペルその1。1922年製造の住友セメント七尾工場1号機関車。1992年7月31日 大井川鉄道千頭駅 住友セメント七尾工場 1号千頭のコッペルその2。これも1922年製造、日本ステンレス...

続きを読む

1990年 廃線5年後の岩内線跡を歩く

1985年に廃線となった岩内線。函館本線から岩内に至る14.9kmの盲腸線ですが、ニシン漁で栄えた岩内への路線として、1912年と早い時期に開業。かつては札幌に直通する急行らいでんも走っていました。廃線5年後の夏、駅の痕跡がしっかりと残っていた時期に、その廃線跡を歩いたことがありました。前の晩は岩内線の起点の小沢駅で駅寝しました。美しい跨線橋で寝たのですが、蛾の多さにまいった記憶があります。早朝5:15から岩内線跡...

続きを読む

1992年 大井川鉄道の元西武車

今も他社の中古車両が活躍する大井川鉄道。30年前に走っていたのはこんな西武の中古電車でした。1992年7月31日 大井川鉄道崎平~千頭 クハ512+モハ3121956年製造の元西武351系。当時は湘南顔なんてどこでも見られたし、来たから撮っただけでしたが、今となっては懐かしい電車です。...

続きを読む

2022年 竹芝桟橋におがさわら丸が到着

先日用事があって竹芝桟橋に行きました。待ち時間、海を見ながら過ごしていると、客船が近づいてきました。船名を見ると「おがさわら丸」!週1一2便の小笠原諸島への船です。竹芝は家から遠くなく、子供が小さかった頃は何度か連れて行きました。でもおがさわら丸を見るのは初めてです。旅心をくすぐられ、何だか涙が出そうなぐらい感動しました。小笠原は昔から行ってみたかった憧れの地。でも時間もお金もかかるので、これから先...

続きを読む

1990年 函館の街の路面電車

函館は今でも路面電車が現役の街。今回は30年以上前の函館市電の姿です。十字街を走る528。528は1950年製造で1997年まで走りました。旧塗色が渋くて最高です。ただ、後ろの相馬合名会社が入るように撮ればよかったのに…。1990年7月23日 函館市電本線大町~末広町 528八幡坂の向こう、函館港を見ながら走る市電。1990年7月23日 函館市電本線末広町~十字街おまけでかつての函館駅舎も。1942年に建てられ、長く北の玄関口の象徴とも...

続きを読む

2022年 もうすぐ撤去される川崎球場の照明灯

昨日は以前仕事をしていた川崎で久々の飲みでした。その前に少し時間があったので、川崎球場に寄り道しました。1954年に設置された川崎球場の照明灯。今年7月から1月にかけて解体、撤去されてしまうそうです。たとえガラガラのスタンドでも、数々のドラマを照らし続けた照明灯。そんな川崎球場が満員となった伝説の10・19近鉄ロッテのダブルヘッダー。もちろんその試合もこの照明灯が照らしていました。撤去されてしまうのは本当に...

続きを読む

2022年 呑み鉄 東京近郊大回りの旅〜②八高線編

高崎駅からは八高線の気動車の旅を楽しみます。特急に乗ると高崎〜倉賀野が大回り乗車でかぶりますが、そこは特例乗車ということでOKです。2022年6月26日 高崎線高崎駅 キハ110-222 2286D東京近郊の通勤電車と気動車のアンバランス。ある意味八高線らしい光景です。2022年6月26日 高崎線高崎駅 キハ110-222+221 2286D八高線に乗ったところで呑み鉄。長野原のお酒、浅間山純米吟醸をあけます。乗車時間が短いので、たかべんのとりめ...

続きを読む

プロフィール

●kuromaru

Author:●kuromaru
興味の対象が国内鉄→海外鉄→保存鉄と移り変わってきました。
蒸機が好き。高いところが好き。俯瞰写真が好きですが、最近は保存車両巡りばかりです。

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

訪問者カウンター